オリジナルピンバッジの作成に必要な道具

オリジナルピンバッジの作成をするさいには、さまざまな道具が必要ですが、バッジマシーンを使うことで自前でも作ることができます。バッジマシーンは素材の板を切り抜き、形をプレスするものです。さまざまな形のブレードが売られており、それらを用意することで色んな形のオリジナルピンバッジを作ることが可能です。また表の加工は個人で作る場合には塗装するよりもシールを貼り付けるのが一般的です。一方でオリジナルピンバッジはさまざまな用途で使われており、実際にピンバッジを作るのであれば専門業者に依頼するのが無難です。専門業者であれば本格的なピンバッジを手軽に作ることができますし、素材に関しても貴金属を使った高級ピンバッジも作成することができるメリットがあります。

オリジナルピンバッジの用途について

ピンバッチとは、ピンが付いたバッジで衣服などに取り付けることができるものです。ピンバッジの用途としては、その組織に所属していることや身分を証明するもの、また表彰したりファッションとして身につけたりするなどさまざまです。このためピンバッジの作り方は簡易なものから工夫を凝らしたものまであります。もっとも一般的なのがプレス加工で金型を加工して、プレスして表面を加工したものです。簡易な表面加工としては塗装が一般的で、そのほか専用の機械で印刷をする方法があり、またメッキすることで光沢をもたらす方法もあります。ピンバッジの素材に関しても真鍮など安価素材で作られる価格の安いものから貴金属を用いた高価なものまでその種類もさまざまで、それぞれの用途に応じて選ぶことができます。

オリジナルピンバッジを作成するためには

オリジナルピンバッジを作るさいには、予算によって作り方が変わってきます。手軽なオリジナルピンバッジを作成したい場合には真鍮などの安価な素材を用いて表面塗装をすることで安くかつ大量に作ることができます。また高級感を持たせたい場合には、メッキ加工や七宝焼をすることで可能です。一方でオリジナルピンバッジそのものに価値を持たせる場合には素材に貴金属を使うのも手段です。貴金属としては、純金と純銀があります。純銀でも金張りすることで費用を抑えて高級感のあるピンバッジを作ることが出来ます。これら高価なピンバッジは、役員の社章などに使われる傾向にあります。また、オリジナルピンバッジは専門にピンバッジを作成している業者に依頼することで簡単に作ることができます。