作成したオリジナルピンバッジで楽しもう

ピンバッジは洋服やバッグ、ポーチなどにつけて楽しむことが出来るアイテムです。たくさんの種類が売られていますが、自分だけのオリジナルピンバッジを作ることでもっとおしゃれに楽しく使うことが出来ます。人とは違うピンバッジ作成にチャレンジしてみましょう。ピンバッジを作るのは難しそうと思うかもしれませんが、アイデア次第で簡単だけど完成度の高い作品が作れます。また、今では100円ショップでも様々な材料やアイテムが手に入ります。コストをかけずに気軽に楽しむことができます。必ず必要になるのはピンバッジの土台となる部分です。手芸屋さで手に入りますが、今ではインターネット通販でも売られています。値段はお店によって異なりますが、数セット入っていて数百円程度が多いでしょう。

UVレジンを使ってきれいでかわいいオリジナルピンバッジ

最近レジンクラフトが人気です。レジンクラフトとは透明な樹脂の液体の中に様々なものを入れて硬化させるものです。特にUVランプで紫外線を照射することで固まるUVレジンは硬化スピードが速いため人気です。UVランプがない場合は直射日光でも硬化しますが、時間がかかる点と硬化する間にホコリなどが混じってしまうなどの手間があります。しかし、基本的には日光に当て放置するだけなので硬化させることは比較的簡単です。レジン液は粘性が低くとろりとしているため、シリコン製の型枠を使ったり、ミール皿というお皿型のパーツに入れるなどが多いでしょう。枠の中にレジン液を薄く流し込み、好きなパーツを沈めます。封入物で人気なのは、貝殻を細かく砕いて着色したものや、ラメなどです。硬化させたパーツをピンバッジに貼り付けると透明感の美しいオリジナルピンバッジの完成です。

アイディア次第でいろんなピンバッジを作成

数年前からプラバンでアクセサリーなどを作るのが流行っています。プラバンは薄い板上のものですが、熱を加えると小さく縮むものです。以前は子供の遊びでしたが、最近ではクオリティの高い作品を見ることが多くなりました。作り方は簡単でマジックなどでプラバンに好きな絵を描きます。切り取ってオーブントースターで焼きます。縮んだプラバンを厚みのある本などにはさみ平らにします。完成したプラバンの裏にピンバッジの金具を取り付ければ完成です。他には、樹脂粘度を使う方法もおすすめです。今では樹脂粘度は100円ショップでも取り扱いがあります。あくまでもピンバッジとして作成する場合は、厚みがあるデザインよりやや平らなほうが使いやすいかもしれません。アイディア次第でいろんなオリジナルピンバッジを作成することができます。また、100円ショップなどを活用することで気軽にチャレンジすることもできます。